Departmental Bulletin Paper <事例研究> 「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」にみるソーシャル・キャピタル : 東京都大田区における産学官連携事例からの考察
The social capital of the 'Shitamachi Bobsleigh Network Project' Consideration from industry, academia and government cooperation case in Ota-ku,Tokyo

奥山, 睦

7pp.67 - 81 , 2015-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NCID:AA12346857
Description
This study focuses on how medium to small manufacturers can succeed in creating a new line of business that can revitalize a local economy. I will use the example of an area in Tokyo called Ota-ku, which is representative of a typical industrial cluster of medium to small manufacturers in Japan, and describe the history of a project entitled 'Shitamachi Bobsleigh Network Project' from its inception. From this study, I have observed the importance of social capital for the healthy development of a project that can lead to a cycle of continuous innovation, and thus contribute positively to the community.
本稿では、中小製造業が新たな産業を生み出し地域が活性化するためには何が必要なのかにフォーカスする。そこで、日本の代表的な中小製造業の集積地である東京都大田区の「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」を取り上げる。同プロジェクトの発足から現在に至るまでの活動を調査した。その結果、地域産業が発展するためには、ソーシャル・キャピタルの形成が鍵となり、それによって継続的なイノベーションを生み、地域発展に寄与すると考察できる。
Full-Text

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/10390/1/15_inno_7_okuyama.pdf

Number of accesses :  

Other information