紀要論文 <研究ノート> 大学生の起業意識調査レポート : GUESSS 2013 調査結果における日本のサンプル分析
Global University Entrepreneurial Spirit Students Survey 2013

鹿住, 倫世  ,  田路, 則子  ,  新谷, 優  ,  岡本, 義行

7pp.49 - 66 , 2015-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NII書誌ID(NCID):AA12346857
内容記述
Global University Entrepreneurial Spirit Students' Survey (GUESSS) is an international research project which investigates the entrepreneurial intentions and activities of students using a geographical and temporal comparison since 2003. The survey is conducted every two years. Thirty four countries participated in the sixth edition of GUESSS in 2013/2014, and gathered 109,026 responses from 759 universities, of which 890 responses were fromJapan. 19 universities and graduate schools took part in this survey in Japan. This paper indicate the comparative analysis of international data and Japanese data. Whilst after graduation the majority of students in Japan prefer to work as employees (right after studies 82.3%, five years after studies 62.9%). International responses indicate 30.7% students wants to be an entrepreneurs, versus only 10.4% Japanese students wants to be five years after they completed studies. 15.1% students currently tryingto start their own businesses in international, Japanese students 11.5% as so. Students already started their own business were quite few in Japan (international 5.5%, Japanese 1.2%). Other result shows many differences as Japanese low entrepreneurial intention, competence in entrepreneurship, entrepreneurial activities compare with international sample. We have got father result that university environment to encourage students' entrepreneurial activities and students' entrepreneurial intention are correlated.
GUESSS2013は、世界34カ国、759大学が参加して行われた、大学生の起業意識調査である。全体で109,026件の有効回答を集めている。日本では19大学・大学院が参加し、890件の有効回答を得た。参加国全体と日本の集計結果を比較したところ、卒業直後および卒業5年後のキャリア選好においては、日本の学生は参加国全体よりも雇用者となることを希望する学生が多い(卒業直後82.3%、卒業5年後62.9%)。参加国全体では、卒業5年後に起業家になることを希望する者が30.7%であるのに対し、日本は10.4%にとどまっている。起業準備中の者は全体で15.1%、日本の学生は11.2%であったが、すでに起業している者の割合は全体で5.5%であるのに対し、日本の学生は 1.2%に過ぎない。そのほか、起業意思、起業スキル、実際の起業家活動の状況等、ほとんどの項目について日本の学生は概ね参加国全体より起業家的な活動や意識が低いことがわかった。日本の学生の回答が参加国全体を上回ったのは、「大学の雰囲気は新規事業のアイデア創出を促してくれる」という評価や、「起業家活動に関する科目を 1 科目以上選択履修したことがある」と回答した者の割合など、非常に少ない。また、学生の起業意思を高める要因について相関分析を行った結果、「起業を促進する大学の環境」が起業の意思に対して強い正の相関をしていることがわかった。
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/10389/1/15_inno_7_kazumi_taji_niiya_okamoto.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報