Departmental Bulletin Paper <研究ノート> 環境形成を目的とした地区まちづくりの経済的評価に関する研究 : 東京都江戸川区の親水公園を事例として
A study on the economic valuation of area city planning aiming at environmental formation : A case of Shinsui Parks in Edogawa City

上山, 肇  ,  関口, 駿輔  ,  小川, 元無

7pp.19 - 25 , 2015-03-31 , 法政大学地域研究センター
In recent years, in every place in Japan, "area community planning" with regional character is developed. This study takes up the "Shinsui park" fixed by reproduction of the waterside aiming at environmental formation, and aims at Economic valuation using the technique of Hednic approach. Although past research showed that the area city planning aiming at environmental formation was accepted by many citizens, ositive benefits were not able to provide about Shinsui parks from this research.
近年、日本国内の各地においては、環境形成を目指した地域特有の性質を持つ「地区まちづくり」が展開されている。本研究では特に、水辺の再生によって整備された“ 親水公園 ”を取り上げ、ヘドニック・アプローチの手法を用いて定量的評価を行うことを目的としている。既往の研究からは、環境形成を目指した地区まちづくりが多くの市民から高く評価されていることがわかっているものの、本研究の分析からは現時点において、親水公園については必ずしも正の便益があるとは言えなかった。

Number of accesses :  

Other information