紀要論文 <研究ノート> 圃場整備後の出合作業の内容及び地点特性から見た景観変化の意識に対する規定要因 : 三重県松阪市漕代地区のまちづくり協議会を事例として
The determinants for the awareness of landscape change as seen from the characteristics of the landscape management in the field after farmland consolidation : A case study of district council town planning Koishiro district Matsusaka, Mie Prefecture

萩原, 和  ,  冨吉, 満之  ,  河村, 則行  ,  中辻, 千明

7pp.11 - 18 , 2015-03-31 , 法政大学地域研究センター
ISSN:18833934
NII書誌ID(NCID):AA12346857
内容記述
In recent years, with the establishment of the Landscape Law (June 2004), opportunities for residents involved in landscape management have increased. In addition, for the purpose of the mitigation of environmental impact and to addressthe growing disaster prevention awareness, coalition of residents' autonomous organizations is being introduced to facilitate landscape management. Rural space in the city suburbs, according to the City Planning Act, is defined as the urbanization control area, which may not necessarily be connected to strategic landscape conservation. In this study, for the area which cultivated land maintenance completed in the Urbanization Control Area, we investigated the determinants for landscape consciousness residents have. As a result, the contents and the point of bilateral work had influenced greatly. When adopting a resident conference system, the landscape management in consideration of recognition of the biodiversity which the old residents have is required. In that sense, it is necessary to set the field residents Council as to absorb the professional know-how the initiative, to operate the system while government support At present, funding bodies that support "measures to conserve and improve land, water, and environment" seem to be very effective. It is regarded as the foundation required to function as a landscape management entity, in order to work together to strengthen the residents' council.
近年、景観法の制定(2004年6月)により、住民自ら景観マネジメントに関与する事例が多くなりつつある。加えて、環境負荷の軽減、高まる防災意識などから、住民自治組織をはじめとする地縁型団体の連合体が、こうしたテーマに積極的に関与するケースが見られるようになってきた。その一方で、都市近郊における田園空間は、都市計画法においては、市街化調整区域として一義的に括られており、必ずしも戦略的な景観保全につながる誘導がなされていない。本研究では、市街化調整区域でしかも(農振法に基づく)圃場整備が面的になされた地区(小学校区)を対象とし、地域住民が持つ景観変化(特に今昔の移り変わり)に対する意識が、どのような要因によるのか明らかにすることを目的とした。その結果、共同作業の内容や地点が大きく作用し、また、どのような主体が管理するかによっても大きく異なることがわかった。住民協議会方式を採用する場合、旧住民が持つ生物多様性の認識を考慮した景観マネジメントが必要である。その意味において、住民協議会が主体的に専門的ノウハウを吸収するような場を設定するとともに、そうした位置づけを行政サイドが担保する制度を用意する必要がある。現状では、農地・水・環境向上対策事業で組織化された主体の位置づけは非常に有効であると思われる。こうした母体を、より景観マネジメント主体として機能させる際の基盤と捉え、住民協議会と連携強化していくことが求められよう。
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/10381/1/15_inno_7_h_t_k_n.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報