紀要論文 学習方略の使用に対する消費時間・疲労・難しさの認知
Effects of perceived time, fatigue, and difficulty about learning strategies

山口, 剛

(74)  , pp.17 - 39 , 2015-03-31 , 法政大学大学院
ISSN:03872610
NII書誌ID(NCID):AN00226113
内容記述
本研究は学習方略の使用に対して,時間がかかる,疲れを感じる,難しいというコスト感に注目し,方略使用への影響を明確にすることを目的とした。また,上述の影響に対する達成目標や自己効力感といった動機づけ要因の調整効果についても検討した。大学生 104 名を対象に調査を実施し,参加者の項目に対する回答をレベル 1,達成目標や自己効力感といった動機づけ要因をレベル 2 としたマルチレベル分析の結果,難しさの認知がもつ方略使用への負の影響がみられ,その影響は動機づけ要因の変数によって変化しなかった。最後に,コスト感を分ける意義と教育実践への介入を考察した。
本文を読む

http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/10167/1/15_grad_74_yamaguchi.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報