紀要論文 濫用的新設分割における「害することを知って」の解釈
ランヨウ テキ シンセツ ブンカツ ニ オケル ガイスル コト オ シッテ ノ カイシャク
Interpretation of "with the knowledge that it would be harm remaining creditors" in abused Company Split

若色, 敦子  ,  ワカイロ, アツコ  ,  Wakairo, Atsuko

140pp.103 - 121 , 2017-07-28 , 熊本大学
ISSN:04528204
NII書誌ID(NCID):AN00066957
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/38263/1/KLaw0140_103-121.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報