紀要論文 間接占有者に対する建物収支土地明渡しの請求権を表示した債務名義について、間接強制決定をすることはできないとされた事例(最高裁判所平成二七年六月三日第二小法廷決定(平成二六年(許)第三七号間接強制申立て事件)金融・商事判例一四七一号二〇頁 : 破棄自判)
カンセツ センユウシャ ニ タイスル タテモノ シュウシ トチ アケワタシ ノ セイキュウケン オ ヒョウジ シタ サイム メイギ ニ ツイテ カンセツ キョウセイ ケッテイ オ スル コト ワ デキナイ ト サレタ ジレイ サイコウ サイバンショ ヘイセイ 27ネン 6ガツ ミッカ ダイニ ショウ ホウテイ ケッテイ ヘイセイ 26ネン [キョ] ダイ 37ゴウ カンセツ キョウセイ モウシタテ ジケン キンユウ ショウジ ハンレイ 1471ゴウ 20ページ : ハキ ジハン
Die Unzulassigkeit zur Androhung von Zwangsgeld zur Sicherung fur Herausgabeanspruch gegen den mittelbaren Besitzer

池田, 愛  ,  イケダ, メグミ  ,  Ikeda, Megumi

139pp.31 - 52 , 2017-03-30 , 熊本大学
ISSN:04528204
NII書誌ID(NCID):AN00066957
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/37182/1/KLaw0139_031-052.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報