Departmental Bulletin Paper 『方丈記』冒頭対句考 : 死と生と
ホウジョウキ ボウトウ ツイク コウ : シ ト セイ ト
Betrachtung der Parallelismen am Beginn des Hojoki : Parallelismus von Tod und Leben

伊﨑, 久美  ,  イザキ, クミ  ,  Izaki, Kumi

15pp.318 - 305 , 2017-03-25 , 熊本大学
ISSN:1348530X
NCID:AA11837081
Description
ユク河ノナカレハタエスシテ シカモゝトノ水ニアラス ヨトミニウカフウタカタハ カツキエ カツムスヒテ ヒサシクトゝマリタルタメシナシ 世中ニアル人ト栖ト 又カクノコトシ 『方丈記』の有名な冒頭文である。冒頭第一文<ユク河-水>の叙述から、第二文を経て第三文<人と栖>の主題に移る。その後<人ノスマヒ><トコロモ-人モ><カリノヤトリ>の避板法で、この<人と栖>の主題は展開していく。冒頭第二文の、<ユク河>に浮かぶ<ウタカタ>が、何故<キエ-ムスヒテ>なのか、つまり<消滅-生成>の対偶について考察する。
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/36764/1/SB0015_318-305.pdf

Number of accesses :  

Other information