Departmental Bulletin Paper An Exploratory Factor Analysis of Scores Generated by the Kambara Locus of Control Scale in the Japanese High-Shool Population
カンバラシ ノ ローカス オヴ コントロール トウセイ ノ ショザイ シャクド デ ニホン ノ コウコウセイ カラ シュウシュウ シタ データ ニ タイスル ノ タンサク テキ インシ ブンセキ
鎌原氏のローカス・オヴ・コントロール(統制の所在)尺度で日本の高校生から収集したデータに対するの探索的因子分析

Rupp, Michael J.  ,  ラップ, マイケル

15pp.271 - 304 , 2017-03-25 , 熊本大学
ISSN:1348530X
NCID:AA11837081
Description
Using data gathered from 1125 Japanese high school students, this study reports on an exploratory factor analysis (EFA) conducted on the Kambara Locus of Control Scale (K-LoC), a widely use instrument for measuring locus of control (LoC) in the Japanese research context, which was created by Kambara (1982, 1987). This research aims to contribute towards a larger research theme of heretofore unsuccessful attempts at measuring learner autonomy (LA) with respect to second language English students in Japan; and does so on the theoretical assumption that LoC and LA are related constructs. The purpose of the EFAs was to gain post hoc insight into the structure of scores generated by the K-LoC after an earlier study using confirmatory factor analysis (CFA) conducted by the author (Rupp, 2016a) revealed that scores showed poor model fit to the author-hypothesized model for the instrument. A secondary purpose was to align some of the insights gained in a qualitative focus group analysis (separate sample) conducted by the author (Rupp, 2016b) with the results for the EFA reported in this paper. The results of the EFA supported the notion that the scale would benefit from having a reduced number of items.
本論文は、鎌原(1982、1987)が開発した尺度「統制の所在:LoC」(The Kambara Locus of Control Scale (K-LoCS)(18項目版および43項目(拡大)版)によって1125名の高校生からデータを収集し、探索的因子分析(EFA)により解析したものである。本研究は英語教育などにおける学習者の自律(learner autonomy:LA)と密接にかかわりLA研究において、先行研究に成功したものはほとんどないことを踏まえ、この分野の進展に貢献することを目指している。本論文のEFAの目標は、以前に行ったフォーカス・グループ法(Rupp, 2016b)と確認的因子分析(CFA)の研究によって修正の必要が明らかになったK-LoCS(Rupp, 2016a)を、EFAの分析によってさらにK-LoCSへの修正提案を探索することである。結果から本尺度の項目を減少することによって尺度が改善できる余地があることが明らかになった。
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/36763/1/SB0015_271-304.pdf

Number of accesses :  

Other information