紀要論文 保健行動と関連認識の関係
ホケン コウドウ ト カンレン ニンシキ ノ カンケイ
Analyses on Relationships Among Preventive Behaveors and Related Perceptions

河村, 洋子  ,  カワムラ, ヨウコ  ,  Kawamura, Yoko

7pp.53 - 63 , 2016-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NII書誌ID(NCID):AA12462257
内容記述
本稿は健康状態の維持向上のためにとられる多様な行動・実践である保健関行動と関連する認識は互いに関連し合っているという仮説を基に、特に身体活動、食事、睡眠という3つの主要なものを中心に実態を検証した統計分析の結果を報告するものである。特に性別に注目して行った分析の結果、男性の方が身体活動、食事、睡眠に関する行動・実践と認識の関連性が強いことが明らかになった。女性は関連性が弱く、多面的な「健康」維持のための手段を男性よりも多く備え実践していることが垣間見える結果となった。男女共通して、身体活動の実践が人とのつながりを持って社会性の高い生活を送っているかを示す社会的健康度と関連しており、女性の場合には身体的あるいは精神的健康度と身体活動の実践は関連していなかった。このような結果は身体活動の促進において重要な点であると思われた。分析の結果を基に考察し、男性には保健行動の実践を包括的に推し進めるのが有効である可能性が女性よりも高い一方、女性の場合、結果から示唆された取り組みの多様性を背景として、個別性に応じる投げかけにより保健行動の促しを図っていくほうが良いように考えられた。
This paper reports the results of the analyses conducted to understand the relationships among preventive behaviors, especially focusing on physical activity, diet, and sleeping, and related perceptions, under the assumption that they are aggregately related each other. Through the analyses, the gender deference clearly emerged. For males, correlations among behaviors and perceptions were stronger than for females. The results implied that females tended to have more variety of means to keep or protect their own health than males did. Social health i.e., having good among relationship with others at work, having hobbies and so on was related to physical activity practices both females and males. Considering that physical and mental health did not appear to be related to physical activity practices, it is important for us to emphacise the social aspect of the physical activity practice's effects.Based on the results, it seems that it will be more feasible to promote preventive behaviors in an aggregate manner for the male than for the female. For the female, letting them pick up their own practice will be rather an effective way to promote preventive behaviors.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/35082/3/KSK0007_053-063.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報