紀要論文 交通調査回答特性の手法間比較分析 : 熊本PT調査における紙とWeb方式の比較
コウツウ チョウサ カイトウ トクセイ ノ シュホウ カン ヒカク ブンセキ : クマモト PT チョウサ ニ オケル カミ ト Web ホウシキ ノ ヒカク
Comparative Analysis of Travel Survey Modes : Comparison between Paper-Based and Web-Based Surveys in 2012 Kumamoto PT Survey

佐藤, 嘉洋  ,  円山, 琢也  ,  サトウ, ヨシヒロ  ,  マルヤマ, タクヤ  ,  Sato, Yosihiro  ,  Maruyama, Takuya

7pp.33 - 51 , 2016-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NII書誌ID(NCID):AA12462257
内容記述
本稿では平成24年秋に実施された第4回熊本都市圏PT調査で実際に使用された紙調査およびWeb調査の様式を使用し、スマホ調査を活用しながら両方式間の回答特性について比較分析を行う。分析の結果、Web調査の方が煩雑と感じられていた可能性があることや、回答時間の長さは回答に影響を与えにくい一方、回答への負担意識が紙調査の結果に影響を及ぼすこと、若年層においてインターネットの利用時間が長いほど紙調査の正確性が低下することなどが明らかになった。
We compared the paper-based and web-based survey data in 2012 Kumamoto PT survey using smartphone-based survey data. Participants would consider the web-based survey more burden than paper-based survey. Responding time would not affect the results but participants feeling the survey as burden would not have accurate paper-based survey results. Also a young long-time internet user have inaccurate paper-based survey results.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/35081/3/KSK0007_033-051.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報