紀要論文 男性を対象にした1ヶ月間の生活習慣病予防・改善プログラムの実施報告
ダンセイ オ タイショウ ニ シタ 1カゲツカン ノ セイカツ シュウカンビョウ ヨボウ カイゼン プログラム ノ ジッシ ホウコク
Effects and feasibility of a 4-week Non-Instrumental Slow Movement Resistance Training and Food Program as Specific Health Guidance.

都竹, 茂樹  ,  天野, 慧  ,  園田, 賢太郎  ,  ツヅク, シゲキ  ,  アマノ, ケイ  ,  ソノダ, ケンタロウ  ,  Tsuzuku, Shigeki  ,  Amano, Kei  ,  Sonoda, Kentaro

7pp.15 - 24 , 2016-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NII書誌ID(NCID):AA12462257
内容記述
18~63歳の男性を対象に、自分の体重を負荷にした筋力トレーニング3種目と「和食・よく噛む・お茶お水」もしくは「和食・よく噛む・とるなら至福の間食」の3課題を1ヶ月間実施した。保健指導は、対面が初回の1回のみ、残りは自宅で各自実施した。継続を支援するために、2~3日に1回の支援メールを送付した。参加者34名のうち、事後アンケートを回答したものが17名。筋力トレーニングについては、65%が週に3回以上実施。食事については、和食の継続が難しいと回答した参加者が65%みられたが、よく噛むについては半数が、お茶お水・至福の間食については7割が実施できたと回答した。腹囲についても7割が減少した。
This study examined the effect of a 4-week non-instrumental slow movement resistance training program using body weight as a load. Food program was consisted of three parts; Japanese food, chew well, tea or water. Thirty four male volunteers aged 18-63 years were recruited via public relations magazine. The subjects were asked to train every day for 4 weeks according to a specified protocol involving a combination of upper and lower body. 65% of subjects completed resistance training more than three times per week. However, 65% of subjects answerd that Japanese food was difficult for eat every time. After the intervention, 70% of subjects reported the decrease of waist size.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/35022/3/KSK0007_015-024.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報