紀要論文 《醒世姻縁傳》と《兒女英雄傳》の逆序語
セイセイ インネン デン ト ジジョ エイユウ デン ノ ギャク ジョゴ
Flip-flop Disyllable Words in Xingshi Yinyuan Zhuan and Ernu Yingxiong Zhuan

石, 亮亮  ,  セキ, リョウリョウ  ,  Shi, Liangliang

14pp.167 - 180 , 2016-03-25 , 熊本大学
ISSN:1348530X
NII書誌ID(NCID):AA11837081
内容記述
中国語語彙の歴史の特徴の一つとして、単音節語から複音節語への大きな流れが挙げられている。そして語素Aと語素Bが複合する場合、ABまたはBAの語序が不安定性となっている。この結果、AB、BA構造が生まれた。これを逆序語と称する。今から近世の代表作品《醒世姻縁傳》、《兒女英雄傳》の逆序語を研究対象にして逆序語の歴史変遷を検討しようと思う。なぜこの二つの作品を取り上げるのか、理由としては、この二つの作品は明清時代では重要な地位を占めるためである。《醒世姻縁傳》は清の初期、北方漢語として代表的な白話小説である。《兒女英雄傳》は清代後期の北京語をもとにして書かれている。現代漢語の前身で、現代漢語とどのように差異があるのかを確認する。この作業は、言語の歴史的変遷、とりわけ北方官話区内の変遷を見る上で極めて重要である。本文は二つの作品に基づいて逆序語の出現状況を調査した。
Chinese words’ development from monosyllables to disyllables is a major feature of Classical Chinese developing to modern Chinese and contemporary Chinese. Morpheme A and morpheme B can be compounded in more than one way, such as flip-flop disyllable words like AB-BA. This essay studies two typical works Xingshi Yinyuan Zhuan and ErnuYingxiong Zhuan for the reasons that in the aspect of language research value, Xingshi Yinyuan Zhuan is the most typical vernacular novel in the north in the early Qing Dynasty and ErnuYingxiong Zhuan’s narrative language and spoken language are Beijing dialect, the most typical dialect of northern dialects in the late Qing Dynasty. They play an important role in studying the difference between contemporary Chinese and Beijing dialect in the Qing Dynasty and studying the historical development of language, especially northern mandarin Chinese. This essay collects the flip-flop disyllable words appeared in the two works.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/34490/1/SB0014_167-180.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報