Departmental Bulletin Paper The Emergence of Digital Humanities in Japan : Participating in a New and Contested Area of Inquiry

Isemonger, Ian  ,  アイズマンガー, イアン

14pp.1 - 19 , 2016-03-25 , 熊本大学
デジタル・ヒューマニティーとは、世界において高い注目を集めつつある研究分野である。特に、北大西洋諸国の研究機関ではこの分野の研究の体系化が飛躍的に進んでいる。日本ではまだ萌芽したばかりであるが、The Japanese Association for Digital Humanities (JADH) を介して、国際レベルに達しつつある。しかし、世界各国でこの研究への取り組みが飛躍している一方で、日本ではまだ研究分野として確立しているとはいえない。多くの研究者が、デジタル・ヒューマニティーを、単なる新規の分野の一つではなく、今後全ての人文学に応用され得る分野であると考えている。しかし、このような考えに対しても様々な意見が混在しているのは事実である。本研究ではデジタル・ヒューマニティーの異なる定義を考察し、多用な独自性が指摘されるなかで研究分野としての体系化が進む現在に存在する矛盾点を指摘する。ヒューマニティーズ・コンピューティングという研究分野から生まれたデジタル・ヒューマニティーは、人文学関連全ての分野において適用できる可能性を探るものである。なかには伝統的な人文学に対し挑戦的な視点を提示する議論もある。しかし、このような議論からも、デジタル・ヒューマニティーが受けた批判や辿った変遷を理解する事ができる。デジタル・ヒューマニティーの本質や可能性を十分に把握するためには、たとえ議論を醸し出すような定義であっても、慎重に分析しなくてはならない。
Digital humanities is an area of inquiry which is gaining increased attention around the world and in Japan. In particular, it is rapidly becoming institutionalized within the academy in the North Atlantic countries. Institutionalization within Japan has been slower, but is now happening at the national level via The Japanese Association for Digital Humanities (JADH). Despite rapid institutionalization in some parts of the world, its status as a field is highly contested, and there is a competing vision of digital humanities as the future for the whole of the humanities rather than as just another emerging field. Issues related to the contested definition of digital humanities are discussed in this paper, as well as the contradiction evident in its rapid institutionalization despite this contested identity. The emergence of digital humanities, out of the earlier area of inquiry called humanities computing, is elaborated as the context for this view of digital humanities as the site for transformation of all of the humanities. It is argued that while some of these more audacious views may be somewhat adversarial toward the traditional humanities, they do indicate the basic contours of change which are arguably approaching the academy. It is argued that these should be satisfactorily absorbed and embraced, but without being swept up in them and without forgoing a critical posture.

Number of accesses :  

Other information