紀要論文 判例研究への質的比較分析(QCA)の応用の可能性 : 米国の弁護人依頼権に関する判例の分析を例に
ハンレイ ケンキュウ エ ノ シツテキ ヒカク ブンセキ QCA ノ オウヨウ ノ カノウセイ : ベイコク ノ ベンゴニン イライケン ニ カンスル ハンレイ ノ ブンセキ オ レイ ニ
Applying Qualitative Comparative Analysis (QCA) to Legal Case Studies : Analysis of Right to Counsel Cases in the United States Supreme Court

森, 大輔  ,  モリ, ダイスケ  ,  Mori, Daisuke

136pp.318 - 262 , 2016-03-30 , 熊本大学
ISSN:04528204
NII書誌ID(NCID):AN00066957
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/34425/1/KLaw0136_318-262.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報