Departmental Bulletin Paper 家族、国家、共同善 : 経験科学と自然法論の架橋の試み
カゾク コッカ キョウドウゼン : ケイケン カガク ト シゼンホウロン ノ カキョウ ノ ココロミ
Die Familie, der Staat und Gemeinwohl. : Ein Versuch, empirische Wissenschaften und die Naturrechtslehre zu verbinden.

山田, 秀  ,  ヤマダ, ヒデシ  ,  Yamada, Hideshi

135pp.1 - 99 , 2015-12-25 , 熊本大学
ISSN:04528204
NCID:AN00066957
Description
本稿は、自然法論が現実にしっかりと目を向けて人間的な問題に取り組んでいる一つの姿を提示してみようという私の細やかな試みである。
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/34121/1/KLaw0135_001-099.pdf

Number of accesses :  

Other information