Departmental Bulletin Paper 方觀承撰『燕香集』下について(下)
ホウ カンショウ セン エンコウシュウ ゲ ニ ツイテ ゲ
A Study on Fang Guancheng's Yan Xiang Ji (part 2)(3)

黨, 武彦  ,  トウ, タケヒコ  ,  To, Takehiko

64pp.49 - 56 , 2015-12-18 , 熊本大学
ISSN:21881871
NCID:AA12653153
Description
本稿はこれまでの四編の論考に續き,清朝乾隆期の漢人知識人官僚である方觀承の詩集を分析することによって,乾隆期(1736-1795)の政治史を再構成しようとするものである.前稿においては,詩の史料としての有用性を政治史の觀點から再確認したが,本稿では松原朗の近著を援用し,文學方面から見た「漢詩と政治」について問題提起したい.
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33901/1/KKK0064_049-056.pdf

Number of accesses :  

Other information