学術雑誌論文 まちなか回遊行動の詳細分析と政策シミュレーションのための予測モデル

荒木, 雅弘  ,  溝上, 章志  ,  円山, 琢也  ,  アラキ, マサヒロ  ,  ミゾカミ, ショウシ  ,  マルヤマ, タクヤ  ,  Araki, Masahiro  ,  Mizokami, Shoshi  ,  Maruyama, Takuya

71 ( 5 )  , pp.I_323 - I_325 , 2015-12 , 社団法人 土木学会
ISSN:21856540
内容記述
近年,熊本市では,中心市街地の魅力と活力向上のために様々な施策がとられている.その中でも,人々の回遊行動を促進させることは,中心市街地を活性化させる有効な施策のひとつであると考えられている.そのためには,歩行者の回遊行動の実態を詳細に分析し,回遊行動に影響を及ぼす要因とメカニズムを明らかにすることが必要である.本研究では,街路構成指標なども説明変数として導入して,まちなかの空間的魅力向上のための政策提言に活用できるモデルを構築する.その後,現在熊本市が計画している桜町地区の再開発事業「桜町地区第一種市街地再開発事業」が来街者の回遊行動に与える効果を政策シミュレーションによって分析することを目的としている.
In recent years, Kumamoto has taken various measures to improve charm and vitality of central city area. Among them it is believed that promoting the excursion of the pedestrian is one of the effective measures to make central city active. To that end, we need to analyze the actual situation of the excursion of the pedestrian in details, and it is necessary to clarify the factors and mechanisms that have an influence on the excursion. This study has two purposes, the first one is to build the model that introduces the index of spatial configuration into explanatory variables which are able to contribute the policy proposal for spatial charm's improvement. The second one is to analyze the effect of the excursion behavior on a redevelopment project in Sakuramachi area by performing policy simulation that utilized the model.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33861/3/file086.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報