一般雑誌記事 消費エネルギー削減の視点から見たコンパクトな都市圏の構造とその効果

相川, 航平  ,  溝上, 章志  ,  Yin, Yanhong  ,  アイカワ, コウヘイ  ,  ミゾカミ, ショウシ  ,  イン, ヤンホン  ,  Aikawa, Kohei  ,  Mizokami, Shoshi

71 ( 2 )  , pp.90 - 100 , 2015-06 , 社団法人 土木学会
ISSN:21856540
内容記述
近年,日本では自動車中心社会の進展によるエネルギー消費量の増加が問題となっている.この問題を解決する手段として,一人当たりのエネルギー消費量が少ない都市形態であるコンパクトシティへの誘導が有効とされている.本研究では,個人のエネルギー消費量を削減することが可能な都市形態,および交通サービス体系はどのようなものかを分析することを目的とする.ここでは,熊本都市圏における2030年の人口をベースとして,人口集約の方法が異なる3つの都市圏構造シナリオを想定し,エネルギー消費量の比較を行った.その結果,公共交通輸送サービスの利便性が高い交通拠点とその周辺地域に人口を集約し,その間を公共交通機関でサービスする多極連携型が最も効果が大きいという結果が得られた.
This paper examines the effect of compact city on energy consumption by simulating the effect of three typical kinds of compact urban structure. The relationship between the urban structure and the effectiveness in reducing energy consumption is made clear. The energy consumption can be estimated by a model based on individual consumption behaviors of composite goods and mobility goods. This model is applied to four scenarios on the combination of urban structure and transportation services in Kumamoto metropolitan region in 2030. Results from scenario based simulation analysis suggest that multi-pole urban structure, which is made up of several convenient residential core poles around transit terminals and is connected by public transport service, is the best choice of compact urban structure.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33722/1/file080.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報