Departmental Bulletin Paper 政策形成過程において科学と社会の間に生じるギャップの要因分析 : 科学技術社会論に関する先行研究の整理
セイサク ケイセイ カテイ ニ オイテ カガク ト シャカイ ノ アイダ ニ ショウジル ギャップ ノ ヨウイン ブンセキ : カガク ギジュツ シャカイロン ニ カンスル センコウ ケンキュウ ノ セイリ
FACTOR ANALYSIS OF THE RESULTING GAP BETWEEN SCIENCE AND SOCIETY IN POLICYMAKING PROCESS

渡辺, 孝太郎  ,  ワタナベ, コウタロウ  ,  Watanabe, Kohtaro

6pp.109 - 119 , 2015-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NCID:AA12462257
Description
本稿において科学技術社会論の先行研究を整理したところ、科学技術政策に関する問題は、社会問題の複雑化により科学と政治の領域が交錯し、多くの利害関係者がいる中で、不確実なデータをもとに「今、現在」意思決定を行わなければならないという特徴を有することが示唆された。このような状況を表す概念として、「トランス・サイエンス」や「ポスト・ノーマルサイエンス」といった概念が提唱されている。また、科学と社会の間に生じるギャップは、科学の不確実性や市民・政策立案者の科学に対する過度の期待や信頼、さらには科学者の専門主義などが複雑に絡み合うことで引き起こされることが示唆された。これらの分析を踏まえ、「パブリック・インボルブメントを図りながら政策を形成、実行するために、自治体の技術職はどのような役割を担うべきか」という問いに答えるべく、今後の研究を進める。
This paper tried to organize the previous study on science and technology studies. Then it was suggested the feature that to address policy issues related to science and technology we must make a decision "now" under uncertain situation, in which science and politics are crossed each other by complication of social issues, and in which there are many stakeholders. As a concept to represent this situation, concepts such as "Trans-Science" and "Post-Normal Science" have been proposed. In addition, it was suggested that the resulting gap between science and society is caused by complexly intertwined factors including uncertainty of science, excessive expectation and trust to science from citizens and policy makers, professional principle of scientists. Based on these analysis, I advance future research to answer the question "What role should technical staff of local governments play in order to make and carry out the policy while achieving public involvement?"
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33248/1/KSK0006_109-119.pdf

Number of accesses :  

Other information