紀要論文 熊本大学公開講座 「インストラクショナルデザイン (ID) 入門編」実施報告
クマモト ダイガク コウカイ コウザ インストラクショナル デザイン ID ニュウモンヘン ジッシ ホウコク
INTRODUCTORY CLASS OF INSTRUCTIONAL DESIGN (ID) : IMPLEMENTATION REPORT

都竹, 茂樹  ,  天野, 慧  ,  森田, 晃子  ,  平岡, 斉士  ,  鈴木, 克明  ,  ツヅク, シゲキ  ,  アマノ, ケイ  ,  モリタ, アキコ  ,  ヒラオカ, ナオシ  ,  スズキ, カツアキ  ,  Tsuzuku, Shigeki  ,  Amano, Kei  ,  Morita, Akiko  ,  Hiraoka, Naoshi  ,  Suzuki, Katsuaki

6pp.23 - 30 , 2015-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NII書誌ID(NCID):AA12462257
内容記述
熊本大学政策創造研究教育センターでは、社会人のキャリアアップ・人材育成を目的として、「インストラクショナルデザイン(ID) 入門講座」を2014年度は東京、大阪、名古屋の3会場で実施した。3会場での受講者は119名で、医療関係者と大学関係者が多数を占めた。講座に対する満足度は高く、教育の効果や効率、魅力を向上させるための実践的な方法を学びたいという受講者のニーズに応えることができた。また、熊本大学の知見を積極的に学外に還元していく公開講座の取り組みに対して、肯定的な評価を得た。一方、課題点として、グループワークや講師との議論の時間の確保、講義資料の事前配布、インターネットからの遠隔地での参加等の要望が寄せられた。2015年度は東京と大阪、名古屋に加え、福岡でも公開講座を開催する予定である。今後も受講者の要望に応え、社会人が学びやすい環境を構築することで、学びの機会を広く提供し、社会人のキャリアアップ、人材育成に貢献していきたいと考える。
Kumamoto University, center for policy studies held "Instructional Design workshop for beginner" as human resource development in Tokyo, Nagoya and Osaka. The purpose of the workshops was to introduce the practical methods for improving the effect, efficiency and attraction of education and training. 119 people attended the workshops and most of them were from medical or higher educational fields. According to the questionnaire, most of them were satisfied with the workshops. In contrast to affirmative response, there were some requests for improvements such as differences of the quality of facilitators and group work, and demand for prior distance learning. In the next year, we will also hold a workshop in Fukuoka.
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33242/1/KSK0006_023-030.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報