紀要論文 Groundwater Preservation Policies for Sustainable Development of Regions
ジゾク カノウナ チイキ ノ タメ ノ チカスイ ホゼン セイサク
持続可能な地域のための地下水保全政策

Ueno, Shinya  ,  ウエノ, シンヤ  ,  上野, 眞也

6pp.3 - 22 , 2015-03-31 , 熊本大学
ISSN:2185985X
NII書誌ID(NCID):AA12462257
内容記述
This paper investigates the structure of the social systems that make it possible to maintain regional groundwater resources, as well as related social dilemmas. In Japan, under the law, groudwater is not assigned to any particular entity, as it is considered a public resource, and there is no centralized authority, which can rule groundwater management. In the Kumamoto region, diverse groups, corporations, and local governments have come together in a multilevel collaboration to establish a local groundwater preservation system that will conduct groundwater recharge. Through field research, we were able to structure, through self-governance, and self-organization, a management system for the protection of the commons, which can overcome numerous policy hurdles. We will discuss whether, in this regard, the results of this systemic framework for governance and management have overcome various social dilemmas. This study advances our understanding of public-private co-management system.
本稿は、地域の地下水資源保全を可能とする社会システムの構造と社会的ジレンマについて論じる。地下水は公共の資源であるが、わが国では法的に公水として位置づけられておらず、政府が中央集権的に地下水を管理・規制することはできない。飲料水や工業用水等凡てを地下水に依存している熊本都市圏では、企業、市民団体、農家の協働により、地下水涵養と保全システムが構築されてきた。フィールドリサーチを通して、諸団体による地下水保全の制度構築のための自己組織化や自治活動が、複数の行政界など種々の社会的ジレンマのハードルを越えて、コモンズとしての地下水を守るガバナンス構築に至ったメカニズムを解明し、コモンズの保全について政府の規制や私有財産化ではないオルタナティブな管理手法が有効であることを明らかにする。この研究は官民パートナーシップによるマネジメントの可能性を探求することにつながる。
本文を読む

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/33241/1/KSK0006_003-022.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報