Departmental Bulletin Paper 《兒女英雄傳》訳注 [PART1]
ジジョ エイユウデン ヤクチュウ PART1
Translation and Annotation ; Wen Kang <<Ernü Yingxiong Zhuan>> Part1

植田, 均  ,  石, 亮亮  ,  寧, 躍  ,  劉, 昕  ,  恵, 冰潔  ,  馬, 旭超  ,  ウエダ, ヒトシ  ,  イシ, リョウリョウ  ,  ネイ, ヤク  ,  リュウ, キン  ,  ケイ, ヒョウケツ  ,  バ, キョクチョウ  ,  Ueda, Hitoshi  ,  Shi, Liangliang  ,  Ning, Yue  ,  Liu, Xin  ,  Hui, Yuejie  ,  Ma, Xuchao

106pp.131 - 144 , 2015-03-17 , 熊本大学
ISSN:03887073
NCID:AN0022154X
Description
<Ernü Yingxiong Zhuan> is a representative work of late Qing Dynasty in the northern mandarin area. It's a novel with 40 rounds, and the author was Wen Kang who was Manchu Banners (Dates of birth and death are unknown, this was written in 1821 to 1850). And the language foundation is Beijing dialect, but sometimes use Shandong dialect and Manchu language. There are no notes on this novel, and so we use the notes written by Modern Chinese Research Class students from Kumamoto University, which can help readers to understand the realities of the oral language and dialects.
《兒女英雄傳》は、作者が判明しており、言語背景も他の資料よりは「純度」が比較的高く保たれていて清代後期北方官話区内の極めて重要な口語資料である。にもかかわらず、この作品のまとまった訳注はこれまで無かった。我々は、《兒女英雄傳》第1回からの訳注を上梓するため研究チーム「近代漢語研究班」を設立した。《兒女英雄傳》は清代北京語をもとにして書かれている。現代漢語(普通話)の前身、基礎となる清代北京語とどのように差異があるのかを確認することは、言語の歴史的変遷、とりわけ北方官話区内の変遷を見る上で極めて重要である。
Full-Text

http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/32410/1/BR0106_131-144.pdf

Number of accesses :  

Other information