紀要論文 多言語・多文化研究の担い手たちによる村上論 柴田勝二・加藤雄二編『世界文学としての村上春樹』
タゲンゴ・タブンカ ケンキュウ ノ ニナイテタチ ニヨル ムラカミロン シバタ ショウジ カトウ ユウジ ヘン セカイ ブンガク トシテノ ムラカミ ハルキ
The theory of Haruki Murakami by multilingual and multicultural leaders in TUFS

平原, 真紀  ,  ヒラハラ, マキ  ,  HIRAHARA, Maki

(19)  , pp.266 - 270 , 2016-03-12 , 東京外国語大学総合文化研究所 , トウキョウ ガイコクゴ ダイガク ソウゴウ ブンカ ケンキュウジョ , Institute of Transcultural Studies, Tokyo University of Foreign Studies
ISSN:18831109
NII書誌ID(NCID):AA11459031
本文を読む

http://repository.tufs.ac.jp/bitstream/10108/89077/1/trc019032.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報