紀要論文 実験・観察の活動を取り入れた生活科授業 : 教科内容学模索の取り組み

鶴ヶ谷, 柊子  ,  日比野, 拓

内容記述
近年、教科専門と教科教育を架橋する分野として「教科内容学」の研究が進んでいる。小学校低学年の教科である生活科は「具体的な活動や体験」を通した学びが重視されている。本研究では、教科内容学の視点から、生活科の講義における、実験・観察の活動の導入と学生の生活科に対する理解の関連について実践と検討を行った。その結果、具体的な活動を講義に取り入れることは有効であるが、受講者の持つ知識に応じて、実験・観察の活動内容を組み立てることが、生活科の特徴への理解を深める上でも必要であることがわかった。
本文を読む

http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=KY-AA11948173-15-19

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報