テクニカルレポート スマートフォンにおける無線LAN屋内位置特定システムの動的性能について

飯塚, 将樹  ,  間邊, 哲也  ,  長谷川, 孝明

2015-6pp.29 - 33 , 2015-6 , 電子情報通信学会
ISSN:09135685
内容記述
copyright©2015 IEICE
本稿では,屋内においてスマートフォンを用いた無線LANによる位置特定の動的な性能評価を行っている.学習用データの収集は,三脚に固定したスマートフォンを用いて準静的に,評価用データの収集は,三脚を固定した台車を押すことで移動する測定者を模擬して動的に行っている.実験の結果,移動速度の増加に伴って,ロンジチュージナル方向の誤差がマイナス方向(進行方向に対して後方)に増加している.また,アクセスポイントの入れ替わり率R,不変率Rをそれぞれ定義し,時間換算遅延時間(誤差を移動速度で除した時間)と不変率Rを乗じた修正換算遅延時間を求めると,しきい値-60dBmでの修正換算遅延時間はほぼ一定となっている.このことから,アクセスポイントの入れ替わりが位置特定に大きな影響を与えると仮定した湯合,その影響をほぼ一定値とする修正換算遅延時間の値が存在することを示唆している.This paper describes the dynamic performance evaluation of an indoor positioning system using the wireless LAN on smartphones. As a result, positioning errors of the longitudinal direction are increased in a negative direction along with increase of the moving velocity. We define the access point variance rate R and the access point invariance rate R respectively, and find the adjusted delay which multiply the delay time and the access point invariance rate. Then, the adjusted delay is roughly constant when the threshold is -60dBm. Consequently, this papers suggests the existence of the value of the adjusted time to make the effects of the variance of the access points.
本文を読む

http://sucra.saitama-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=A3000408

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報