Departmental Bulletin Paper シルバー人材センター会員の自主的健康づくり活動の意義

米澤, 洋美  ,  石垣, 和子  ,  大木, 秀一

19pp.1 - 11 , 2019-01 , 福井大学医学部
ISSN:13488562
Description
本研究の目的は,シルバー人材センター会員の自主的な健康づくり活動の事例を把握し,活動が生み出す意義を事務局のインタビューから検討することである。会員による自主的健康づくり活動が行われているシルバー人材センター5 事業所の事務局長・事務局員の合計 7 人に対してインタビューガイドを用いた半構造的面接調査を実施した。活動のきっかけは新規女性会員の勧誘や親睦会を地域貢献へ発展させるため等であり,活動内容は,劇団による福祉施設への慰問,手工芸・飲食店の運営販売,女性部会による転倒骨折予防教室の運営等であった。活動が生み出す意義として,4 つの上位カテゴリーが抽出された。これらの活動は自主的活動でありながら【下支え型の事務局の支援】があった。その支援を基盤にして,中核メンバーの運営の中で【自主性の醸成】が起こり,結果それは SC 会員が経験できる【活動そのものの喜びや満足】に繋がっていた。さらに会員個人の健康づくりだけでなく【会員数の維持・増加への波及効果】が期待されるものであった。この活動が生み出した重要性のカテゴリーには会員が継続して働くことに繋がる付加価値があることが示唆された。
Full-Text

https://karin21.flib.u-fukui.ac.jp/repo/bdyview.do?bodyid=TD10103341&elmid=Body&fname=td10103341_cover.pdf

Number of accesses :  

Other information