その他 山川登美子 小ノート

9999
内容記述
『登美子の掛蒲団を剥ぎ,庭に放り投げた。』 のは 『死者の身につけていた物を焼き捨てるのが,この地方の習慣だった』 ためであったが, 『敷蒲団の下からは,ノートが三冊出てきた。』 ものは勿論 『机の引出しの中の雑記帳や手紙類まで投げた。』 が, 『亮蔵(注:登美子の弟)は庭下駄をつっかけて庭へ降りると,先刻のノートを拾い上げ,素早く懐に入れた。』(引用:「白百合の崖(きし)-山川登美子・歌と恋」津村節子 新潮社 1983)「ノート」のなかの1冊
本文を読む

http://repo.flib.u-fukui.ac.jp/dspace/html/10098/9431/1/%e5%b1%b1%e5%b7%9d%e7%99%bb%e7%be%8e%e5%ad%90%20%e5%b0%8f%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88.html

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報