その他 008 藤原宮大極殿院の調査(飛鳥藤原第190次)

独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所都城発掘調査部

2017-01-26 , 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
内容記述
藤原宮大極殿院東門および東面回廊を発掘調査し、東門の南端の礎石据付穴を確認した。その結果、東門の規模は桁行7間×梁行2間と推定できる。また、東面回廊の礎石の根石、基壇外装据付溝と雨落溝、内庭の礫敷広場などを検出し、大極殿院東門と回廊の構造と造営過程を明らかにするうえで重要な知見を得た。
本文を読む

http://repository.nabunken.go.jp/dspace/bitstream/11177/6235/1/20170126_f190.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報