Departmental Bulletin Paper 下肢動脈distal bypassの工夫 : 冠動脈バイパス手技の応用
Distal Bypass in Patients with Critical Limb Ischemia using Coronary Artery Bypass Technique
カシ ドウミャク distal bypass ノ クフウ : カンドウミャク バイパス シュギ ノ オウヨウ

内田, 徹郎  ,  浜崎, 安純  ,  黒田, 吉則  ,  山下, 淳  ,  林, 潤  ,  貞弘, 光章

Description
 Distal bypassの手術手技は冠動脈バイパス術(CABG)と共通点を有する。今回、CABG手技を応用したdistal bypassと内視鏡下の大伏在静脈(SVG)採取を行った症例を提示する。症例は、重症虚血肢(CLI)の72歳、女性で、左下肢の安静時痛、下腿皮膚潰瘍および足趾壊死を認めた。左浅大腿動脈から膝窩動脈の閉塞に対し、distal bypassを施行した。内視鏡下に約3cmの皮膚切開創から、大腿全長と下腿1/2長のSVGを採取した。SVG剥離後の皮下トンネルにSVGを導き、深大腿動脈に6-0ポリプロピレン糸の連続縫合で端側吻合した。後脛骨動脈へのSVG吻合は心拍動下CABGと同様の手技で行った。後脛骨動脈はテーピング、遮断ともに行わず、ビーバーメスで血管前壁の小範囲を剥離、切開した後、シャントチューブを挿入した。7-0ポリプロピレン糸を用い、SVGのtoe 3針、heel 1針(パラシュート法)でSVGを後脛骨動脈に引き寄せ、側面を連続縫合した。CO2ブロワーを使用し、吻合中の無血視野を確保した。術後は下腿潰瘍の治癒とともに足趾の壊死部分の境界が明瞭化し、引き続き足趾切断を施行し、大切断を回避した。CABGで培った経験と技術はdistal bypassに応用可能であり、低侵襲な内視鏡下SVG採取と相俟ってCLI症例におけるdistal bypassの成績向上に寄与すると考えられた。
Full-Text

https://yamagata.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4221&item_no=1&attribute_id=17&file_no=2

Number of accesses :  

Other information