Departmental Bulletin Paper Annual textbook cycling in EFL classrooms
EFL クラスで使用する教科書の選定サイクルをめぐる一考察

Duggan Anthony John  ,  Duggan, Sagano  ,  ダガン, アンソニー ジョン  ,  ダガン, さがの

22pp.45 - 55 , 2018-03-30 , 金沢大学国際基幹教育院外国語教育系 , Faculty of foreign language studies institute of liberal arts and sciences Kanazawa University
ISSN:1342-7172
NCID:AA11128602
Description
Choosing a textbook for English as Foreign Language (EFL) courses is an issue both important and complex, involving multiple parts of an organisation. The costs of search, evaluation, and selection are not insignificant but can quickly become sunk in the case where textbooks are cycled from year to year. This paper argues against such a policy and does so on three levels: empirical, theoretical, and practical. We examined two different EFL classes in which one of them used the same textbook over several years whilst the other changed the textbook every year. As a result, we show that annual textbook-cycling is associated with greater intertemporal performance variation and contributes to inefficient institutional environments. We also argue that biennial (or longer) cycles loosen budget constraints for textbook selection, which is preferable from an educator’s perspective.
学校教育という複合的な制度・組織のなかで行われる EFL(外国語としての英語)授業用教科書の選定は、重要かつ複雑な問題をともなう作業である。教科書の検索、評価、選択に費やされるコストは、決して低く見積もることができない。もし教科書を毎年変えることにしたならば、それはすぐに埋没コストになってしまうだろう。そこで本研究では、どのようなサイクルでの教科書選定が適切かを調べるため、数年にわたり同一の教科書を使用する EFL クラスと、毎年教科書を変える EFL クラスを比較し、実証的レベル、理論的レベル、実践的レベルの 3 つのレベルで分析を行った。その結果、毎年教科書を変えた場合、学生の成績が大きく変動し、非効率的な制度環境がもたらされることが判明した。他方、2 年間(またはそれ以上)同一の教科書を使用した場合には、教科書選定のための予算制約の問題が緩和されるため、教育的観点からみてもそれが望ましい教科書選択のあり方だと言える。
Full-Text

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=44160&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

Number of accesses :  

Other information