Departmental Bulletin Paper 遠隔利用可能なレートメータの開発
Development of a remotely operable digital rate meter for radiation monitoring

中山, 和也  ,  喜多, 譲司  ,  鷲山, 幸信  ,  Nakayama, Kazuya  ,  Kita, Jyouji  ,  Washiyama, Kousin

41 ( 2 )  , pp.159 - 166 , 2018-01-31 , Wellness and Health Care Society , ウェルネス・ヘルスケア学会
遠隔で利用できるレートメータを開発した。レートの計測には従来から用いられている積分回路というアナログ回路は使用せず、デジタル信号から直接レートを算出する方法を使用している。開発した装置は、放射線のレートを計測する部分と遠隔利用を可能とするサーバ部分とで構成される。レートの計測部分は、計測だけではなく、レートに依存したアナログ電圧を出力する機能に加えて、UART や I2C を用いて他のデバイスとシリアル通信する機能をもつ。サーバ部分は、I2Cを用いてレートを計測する部分からデータを取得し、microSD カードにデータを記録する機能や、ネットワーク経由で離れた場所からデータを確認・取得できる機能を装備している。ネットワーク経由では、SSH、SFTP、HTTP といったプロトコルが使用できる。低価格な量産部品を使用することで、市販のレートメータより多機能でありながら、低価格な装置が開発できた。
We have developed and evaluated a remotely operable digital rate meter for radiation monitoring. Conventional rate meters use an analog circuit, while this rate meter computes the rate using digital processing technology. This rate meter consists of a component that measures the rate and a server component. The component that measures the rate computes the rate, outputs an analog voltage depending on the rate, and communicates with other devices using UART and/or I2C. The server component acquires data from the rate measurement component using I2C, and records the data on a microSD card. Using this server, we can access the data remotely via the network using SSH, SFTP, and HTTP. Although the developed rate meter has many functions compared with the conventional rate meter, its cost is low.

Number of accesses :  

Other information