紀要論文 Use of Banana Plants in the Javanese Culture: A Case Study of Banana Bark Craft Industry, East Java, Indonesia
ジャワ文化におけるバナナ植物:インドネシア・東ジャワ州バナナ樹皮工芸産業の事例

Maharani, Dian Permanasari  ,  マハラニ , デイアン ペルマナサリ

(34)  , pp.41 - 63 , 2017-09-29 , 金沢大学大学院人間社会環境研究科 , Graduate School of Human and Socio-Enviromental Studies Kanazawa University
ISSN:1881-5545
NII書誌ID(NCID):AA12162559
内容記述
Indonesia, with its diverse cultural resources and sustainable materials, holds a significant role in revitalizing and preserving traditional crafts. Until recently, there has been an increase in the utilization of banana plants as a sustainable material that is less known as compared to bamboo or rattan. Consequently, the small craft industry using banana bark is now thriving in East Java. In the Javanese traditional culture, banana plants have been used extensively both in daily life and in rituals. Its familiarity is one of the reasons for the insufficient records on the meanings of banana plants in the Javanese tradition. This study aimed to understand the continuity and changes in the usage and functions of banana plants among the Javanese people. The paper presents the general information about the banana plant, including its origin and botanical description, and the varieties of the plant and their use in Java. The paper then presents and discusses the growth of the banana bark craft industry in the research area of East Java. Data on the development of the local craft industry and on the process of harnessing the potential of banana plants in Bojonegoro East Java, the largest banana producer according to Indonesian Bureau of Statistics, were gathered since 2009. Thus, the present study aimed to uncover the hidden potential of banana plants, to record and to provide information for understanding the traditional knowledge on banana plants in the Javanese culture.
多様な文化資源と持続可能な原材料を擁するインドネシアは. 伝統工芸の保存と復興において重要な役割を負っている。 持続可能材としてのバナナの木の活用に関しては, 竹やラタン材の知名度と比して近年まであまり知られていなかった。 しかし, 現在東ジャワではバナナの樹皮を用いた小規模な手工芸産業が典盛している。伝統的なジャワの文化では, 生誕から死に至るまでの様々な場面で, 日常と俄礼とを問わずバナナの木が寄り添っている。 あまりにも近い存在であるため, このバナナの木が持つ意味に関する記録はジャワの伝統にあまり残されていない。本研究はジャワ人の間におけるバナナの活用と機能の変遷を理解することを目的とする。 まずバナナの生物学的概要と栽培起源を概略したあと, ジャワにおける栽培バナナの種類と用法を概観する。そして近年東ジャワで盛んになりつつあるバナナ樹皮工芸産業の一例を紹介し, その成立発展の経緯と活動内容について考察する。 東ジャワのボジョネゴロにおける地域の手工芸産業の発展 およびバナナの木の可能性を産業へと結びつける試みに関するデー タは, 2009年以来の調査によるものである。本研究は, バナナの木のさらなる可能性を明らかにし, ジャワの文化に受け継がれるバナナの木に関する伝統的知識を理解するための情報を記録,提供するものである。
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=43145&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報