研究報告書 東南アジアの農業・アグロインダストリ起源の環境負荷評価と共通対策プロトコルの検討

古内, 正美  ,  Furuuchi, Masami

内容記述
調査対象地域で主に粒子状物質について長期的大気環境モニタリングを実施し,季節・年変動特性を評価した。またタイの複数の県について各種農作物の収穫量と残渣処理量およびアグロインダストリーでの製品の生産量とその残渣物理用量を,栽培・残渣処理時期を含めて詳細に調査し,詳細な月別排出インベントリーを推定した。この結果と大気汚染モニタリングデータの相関から大気汚染寄与を評価する手法の妥当性を検証した。この結果,本手法が極めて妥当であり,農業・アグロインダストリー・森林火災起源の粒子汚染寄与,健康リスクを明らかにするとともに,小規模バイオマス燃焼源への対策技術と合わせて,評価・対策のプロトコルを示した。
研究課題/領域番号:25303003, 研究期間(年度):2015-04-01 – 2017-03-31
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=43097&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報