研究報告書 嗅神経及び腫瘍へ集積し高エネルギーを付与する原子核プローブに関する核放射化学研究

天野, 良平  ,  Amano, Ryohei

内容記述
鼻腔に局在集積させた201Tlの付与エネルギーを評価するために、MIRD内線量評価モンテカルロシミュレーションのためのデジタルファントムDigimouse上で、局所鼻腔の定義付けおよび局所左右嗅球の分割を行った。腫瘍組織に局在集積したアルファ核種標識薬剤の付与エネルギーを評価するために、アクチニウム系列核種である227Th及び223Ra、ネプツニウム系列核種である225Acを中心に標識化合物の合成、動物実験による局在分布の様子について、ウラン系列、トリウム系列の同位体のそれぞれと比較検討した。
研究課題/領域番号:23550072, 研究期間(年度):2011-04-28 – 2015-03-31
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=42915&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報