研究報告書 マイクロスポレーションポリマ粒子の直接噴出・溶発による直流アーク遮断の新技術創出

田中, 康規

内容記述
次世代高電圧直流給電システムの中枢基盤技術である大電流遮断技術への貢献のため,ナノ・マイクロスポレーション粒子分散ガスによる直流アーク遮断を提案した。アークを減衰させる新技術の検討を行った。アークにポリマーが接触するとポリマーは溶発し,アーク遮断性能が向上する。ポリアミド材の場合,さらにマイクロサイズの粒子が飛翔するスポレーション現象が生じる。この粒子は溶発ガスより質量密度が大きくアークにより深く侵入し熱を奪う。このポリマから自発的に粒子発生するスポレーション現象の発生機構と吸水量との関係を,誘導プラズマ装置を用い基礎解明し,本特長を活かしたポリマノズルによる直流アーク遮断性能を検討した。
研究課題/領域番号:25630108, 研究期間(年度):2013-04-01 – 2015-03-31
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=34472&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報