研究報告書 肝幹細胞由来肝癌の画像所見と病理・病態の解析

小坂, 一斗

内容記述
混合型肝癌の亜型である肝幹細胞由来肝癌は典型,中間型,細胆管細胞癌型の3亜型がある。これらの診断法・予後・治療法は定まっていない。本研究ではCT・MRI・FDG-PETによりこれらの分別を後方視的に検討した結果,細胆管細胞癌亜型は特徴的な画像所見を呈することが明らかとなった。さらに細胆管細胞癌亜型は通常の肝内胆管癌との間には癌遺伝子発現においては差違を認め,別の病態であることが示唆された。
研究課題/領域番号:24791283, 研究期間(年度):2012-04-01 – 2015-03-31
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=34474&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報