研究報告書 アジアンダストの大気中二次生成有機有害化学物質への触媒作用に関する研究

唐, 寧

内容記述
中国の異なる砂漠地域でバックグラウンドアジアンダスト(黄砂)を計4検体採集した。黄土高原の黄砂の比表面積と全細孔容積はいずれも他の3地域(タクラマカン,トングリ,ホルチン)の黄砂より大きかったが,平均細孔径に大きな違いがなかった。9種の水溶性イオンと15種の元素を分析したところ,4地域の黄砂に組成的な違いが認められた。構築した曝露チャンバーと多環芳香族炭化水素(PAH)酸化体分析計を用いて評価した結果,光及び反応性ガス(NO2/SO2/O3)の有無に因らず,どの地域の黄砂でもPAHを吸着し,さらにPAHをより毒性の強いニトロ体,キノン体への変質を促進する触媒的な作用を有することを明らかにした。
研究課題/領域番号:24590769, 研究期間(年度):2012-04-01 – 2015-03-31
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=34484&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報