紀要論文 日本の小学校教員から見た外国語活動カリキュラム: 質問紙パイロットテストの正当性と信頼性の検証
Japanese Elementary Schoolteacher Perspectives on Foreign Language Curricula: Piloting Reliability and Validity Test

ブルカート, 香織

11pp.21 - 31 , 2017-03-01 , 金沢大学国際基幹教育院外国語教育系
ISSN:1884-2356
NII書誌ID(NCID):AA12565522
内容記述
This is a pilot study aimed at understanding elementary school teacher attitudes toward foreign language curricula. The study involves the development of an original research instrument to examine teacher perspectives and assessment of the validity of the survey instrument. The instrument developed for this study is distributed to two different elementary schools in Saga Prefecture, Japan. The schools are similar in terms of size, student body composition, and number of teachers. The main purpose of this paper is to conduct a preliminary factor analysis and reliability and validity analysis and to report the results of the pilot survey, including group statistics across schools. 本研究では外国語活動に対する不安や懸念を含めた小学校学級担任の視点を広く捉えるた めの質問紙を作成するために行ったパイロットテストの結果を報告する。佐賀県の二つの 同規模公立小学校に配られた質問紙は、各校の教員によって記入され、そのデータを基に 質問紙の正当性と信頼性が検証された。また、このパイロットテストは、各校の記述統計 値を見比べながらデータの全容に秘められた予備的要因を探求し、小学校教員の外国語活 動に対する小学校現場の声を理解しようとしたものである。
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30150&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報