Departmental Bulletin Paper Developing a Diagnostic Test of Verbs for Hands-on Craft Workshops
手工芸体験に役立つ動詞語彙力診断テストの開発に向けて

Hammond, Mark

21pp.25 - 41 , 2017-03-30 , 金沢大学国際基幹教育院外国語教育系 = Faculty of foreign language studies institute of liberal arts and sciences Kanazawa University
ISSN:1342-7172
NCID:AA11128602
Description
The paper describes and evaluates the development of The Verbs for Craft Test, a small-scale diagnostic instrument to measure knowledge of 50 common imperative verbs found in spoken discourse related to technical instruction requiring the use of one’s hands. Still under development, the test is designed to contribute to a pedagogic approach towards relevant English language learning materials to help train professionals of the Japanese craft industry, especially in the context of creative-tourism hands-on workshops, which requires giving technical instruction to international visitors to Japan. The paper includes the test’s rationale, background of the genre of hands-on workshops as related to creative-tourism, and a description of its theoretical construct. Additionally, the test’s construct-validity, trial development, pilot testing, and reliability are discussed.
本稿は、「工芸に役立つ動詞テスト」の開発について解説・評価するもの である。このテストは、手作業にまつわる技術的指示を口頭で出すときに使 用される、50 個の必須動詞の習得状況を測るための簡易診断ツールであり、 日本の工芸産業で活躍する専門家の養成・訓練の一助となることを目的とす る。特に、クリエイティブ・ツーリズムの分野で手工芸体験の運営にたずさ わる人々は、外国人観光客に英語で技術的指示を出さねばならないこともあ るだろう。このテストは、まだ開発途中ではあるが、そうした場面で役立つ 英語学習教材の開発という課題に、教育的観点からアプローチするものであ る。本稿では、まずテストの意義を論じ、クリエイティブ・ツーリズムにお ける手工芸体験という分野について解説したのち、テストの理論的構成概念 について説明する。さらに、このテストの構成概念妥当性、試作開発、パイ ロット・テストの結果、テストの信頼性などを論じる。
Full-Text

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=30228&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

Number of accesses :  

Other information