学術雑誌論文 波浪の履歴特性を取り入れた直立護岸の被災発生予測に関する研究
Disaster prediction for upright seawall using charracteristics of wave history

斎藤, 武久  ,  松原, 卓也

内容記述
Disaster prediction for upright seawall is examined subsequently to previous our research work in order to provide the possibility of index to explain the disaster occurrence. In this method, tidal variation is newly included and the significant wave height data from NOWPHAS each 2 hour is used to predict the flow rate of wave overtopping from the upright seawall. The accumulation value of the flow rate of wave overtopping with the time function are also carried out to judge of disaster. As a result, it makes clear that wave history duration is possible to expand 3 years and the power of the time function is enough 1. 本研究では,繰り返しの暴浪の来襲で海岸構造物が経年的に設計強度を失う可能性に着目し,来襲波浪の履歴を考慮して海岸構造物の被災発生の予測を試みた著者らの前報に続き,波浪履歴を考慮する期間をさらに長期間とした場合の被災発生指標の導出を試みた.この際,前報では考慮していなかった潮位変動データを取り込み,NOWPHASの波浪データから暴浪をモデル化した場合,さらに,2時間毎の波浪データを直接用いた場合を対象に被災発生指標の推定を試みている.  解析の結果,波浪データとして2時間毎のNOWPHASの波浪データを直接使用し,潮位変動を考慮した越波流量を用いた場合,3年間の波浪履歴を考慮することで直立堤の被災発生指標を推定できる事が明らかになった.
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9276&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報