学術雑誌論文 チャネル間相関低減を用いたブレインコンピュータインタフェイスの性能の向上

西山, 幸孝  ,  平野, 晃宏

内容記述
本稿では,脳波計の電極間の距離によって生じる脳波 の到来時間差を用いてブレインコンピュータインタフェ イスの性能を向上させる方法を提案する.どの電極へ脳 波が最も早く到達するかという特徴を,各チャネルの到 来時間が早い脳波を抽出しチャネル間相関低減を行うこ とで強調する.これまでに提案されたGram-Schmidt の 直交化を用いたチャネル間相関低減とは異なり直交化の 順による多数の組み合わせを検証する必要のない,適応 フィルタを用いたチャネル間相関低減を用いることで学 習に要する時間を少なくする.分類精度の正誤比を最大 0.013 改善した.
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9608&item_no=1&attribute_id=26&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報