Journal Article 北陸地区におけるスクリーニング上部消化管内視鏡検査での咽頭観察の現状
Current status of pharyngeal observation during upper gastrointestinal screening endoscopy in the Hokuriku Region

林, 智之  ,  鷹取, 元  ,  土山, 寿志  ,  上山本, 伸治  ,  太田, 肇  ,  稲邑, 克久  ,  辻, 宏和  ,  宮森, 弘年  ,  松田, 充  ,  蓑内, 慶次  ,  朝日向, 良朗  ,  北村, 和哉  ,  加賀谷, 尚史  ,  金子, 周一

32 ( 1 )  , pp.38 - 46 , 2016-05 , 日本消化器内視鏡学会甲信越支部・北陸支部 / 癌と化学療法社
ISSN:0912-0505
NCID:AN10525879
Description
[背景・目的] 現在, スクリーニング上部消化管内視鏡検査における咽頭領域の観察が十分に浸透しているとはいい難い状況である. 北陸地区における上部消化管内視鏡での咽頭観察の現状について調査した. [方法] 日本消化器内視鏡学会専門医114名にアンケートを送付し, 回答のあった73名を対象とし調査した. [結果] 咽頭観察を全例に行っている医師は79.5%, スクリーニングに画像強調観察(image-enhanced endoscopy:IEE)を用いた(I群)のは61.6%であった. 観察時間はI群が白色光(W群)と比べ有意に長く(p<0.001), 1年以内の癌の発見率はI群がW群と比べ有意に高かった(p=0.007). 問題点として, 観察の困難さ, 苦痛増強の可能性などの意見が多かった. [結論] スクリーニングにおける咽頭観察において, 癌の発見にはIEEにて時間をかけて観察することが重要である可能性が示唆された. 今後, さらなる咽頭観察の啓蒙活動が重要と考えられる.

Number of accesses :  

Other information