学位論文 反応性代謝物および免疫・炎症関連因子を考慮したフェニトイン誘導性肝障害発症機序に関する研究

佐々木, 永太  ,  Sasaki, Eita

2015-03-23
内容記述
博士論文本文 以下に掲載:1.Toxicological Sciences 136(1) pp.250-263 2013. Oxford journal. 共著者:Sasaki E, Matsuo K, Iida A, Tsuneyama K, Fukami T, Nakajima M, Yokoi T 2.Toxicology Letters 232(1) pp.79-88 2015. Elsevier. 共著者:Sasaki E, Iwamura A, Tsuneyama K, Fukami T, Nakajima M, Kume T, Yokoi T
本文を読む

https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=37913&item_no=1&attribute_id=31&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報