紀要論文 A Design of Organized and Continuous [OC] Islamic Bank Socialization Program to Confirm the Social Significance of Islamic Banks in Indonesia
インドネシアにおけるイスラーム銀行の社会的普及プログラムのための一試論 : イスラーム銀行の社会的重要性の確認のために

Santoso, Suryo Budi

(30)  , pp.109 - 136 , 2015-09-28 , 金沢大学大学院人間社会環境研究科 = Graduate School of Human and Socio-Enviromental Studies Kanazawa University
ISSN:1881-5545
NII書誌ID(NCID):AA12162559
内容記述
この論文はまず,コンヴェンショナル銀行(従来型銀行)からイスラ ー ム銀行を区別する特質を明らかiこする。その特質とは,第ーにイスラーム銀行が道徳的倫理的価値に強固に立脚 していること,第二に重大な金融危機においてもイスラーム銀行の業績が比較的安定していることに求められる。しかし,イスラーム銀行はコンヴェンショナル金融に端を発する危機の波及を避けることができない。両者の大きな格差とこうした密接な関係からすると,イスラーム銀行はコンヴェンショナル銀行に代替するのではなく,それを補完する存在に留まるであろう。 この論文は第二に,上に示した第ーの特質を立脚点として,イスラーム銀行の社会的普及プログラムのデザインを描くことを試みる。社会的普及とは,たんにイスラーム銀行のマーケットの拡大を目的とするものではなく,倫理的な意味をもつイスラーム銀行を広く人々に普及させていくことを意味する。しかし現在いくつかの団体によって取り組まれている社会的普及は,推進諸機関の連携がとられておらず,効率性も悪く,期待されていたほどには成果を上げていない。 そこで、,この論文はその反省に基づき,人々に支持された大規模かっ近代的な志向性をもつイスラームの社会的組織が主導する組織的・持続的なイスラーム銀行の社会的普及プログラム( OC Program)をデザインする。このプログラムはおもに現在の教育システムの経路を活用しながら,イスラーム銀行の道徳的倫理的重要性を意識 した顧客を増やすことを目的とするものである。このプログラムは教育機関別,教育水準別,都市型/農村型等々のパターンに体系的に分かれるものとなる。社会的普及が進めばイスラーム銀行は社会的倫理的な特質をもっ金融機関としての立場を強固にすることができるであろう。
本文を読む

http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/43383/1/AA12162559-30-109-136.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報