紀要論文 半側空間無視患者のリハビリテーションにおける白色雑音による聴覚刺激の効果
Effects of auditory stimulation by white noise in the rehabilitation of unilateral spatial neglect patients

岡本, 一宏  ,  中谷, 謙  ,  砂原, 伸行  ,  能登谷, 晶子  ,  井上, 克己  ,  影近, 謙治

39 ( 1 )  , pp.87 - 92 , 2015-07-28 , 金沢大学つるま保健学会 = Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
ISSN:1346-8502
NII書誌ID(NCID):AA11599711
内容記述
右大脳半球損傷により左半側空間無視を呈した4 症例に対して、白色雑音による聴覚刺激 を付加した状態でリハビリテーションを実施し、訓練効果について検討した。対象は中大脳 動脈梗塞2 例、内頸動脈閉塞1 例、前大脳動脈・中大脳動脈梗塞1 例であった。研究デザイ ンはシングルケースデザイン(A - B - A’ デザイン)を採用し、A 期をベースライン期、 B 期を操作導入期、A’ 期をフォロー期とし、各期間は2 週間とした。A 期とA’ 期では視覚 走査課題による治療的介入を行い、B 期では実効値60dBSPL の白色雑音による聴覚刺激を 無視側より付加した状態でA 期と同じ課題を実施した。評価項目として、BIT 行動性無視 検査の通常検査と行動検査を各期間の前後に測定した。その結果、半側空間無視が重度であっ た2 例でB 期における行動検査の成績は上昇傾向を示した。この2 例は、白色雑音による聴 覚刺激を利用して視覚的な半側空間無視を代償した可能性が考えられることから、聴覚的な 半側空間無視は軽度であったと推察された。通常検査と行動検査の得点推移の比較から、白 色雑音による聴覚刺激はより日常生活に近い状況下において有効であると考えられた。
本文を読む

http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/43104/1/AA11599711-39-1-87-92.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報