紀要論文 小中学生のインターネット使用に関する実態調査: 依存傾向と生活習慣について
Survey of Internet use among elementary and junior high school students: Effects on tendency toward dependence and lifestyle

津田, 朗子  ,  木村, 留美子  ,  水野, 真希

39 ( 1 )  , pp.81 - 86 , 2015-07-28 , 金沢大学つるま保健学会 = Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
ISSN:1346-8502
NII書誌ID(NCID):AA11599711
内容記述
本研究は、小中学生のインターネット使用状況から、その依存傾向と生活習慣を調査した。 対象は1 自治体の全小中学校に通う小学4 ~ 6 年生849 名、中学1 ~ 3 年生896 名で、自記 式質問紙調査を実施した。  その結果、インターネットに「依存傾向」の子どもは小学生7.5%、中学生22.0%、全体 で15.9%にみられ、その割合は中学2 年生、中学3 年生に高く、また女子に高かった。依存 傾向の者は、インターネットを使用する時間が長く、複数の機器を使用している者、持ち運 び可能な機器を使用している者、自分専用の機器を所持している者、使用目的が多岐にわた る者、使用の際のルールがない者に多かった。  依存傾向者は、依存のない者やインターネットを使用しない者に比べ、就寝時刻が遅かっ た。また、小学生では学習時間が短く、中学生では運動時間が短く、インターネットへの依 存傾向が生活習慣に影響を及ぼしていることが示唆された。
本文を読む

http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/43101/1/AA11599711-39-1-81-86.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報