紀要論文 小中学生のインターネット使用に関する実態調査: 親の把握状況と親子間の認識の違い
Survey of Internet use among elementary and junior high school students: Differences in recognition between the child and their parents

津田, 朗子  ,  木村, 留美子  ,  水野, 真希  ,  喜多, 亜希子

39 ( 1 )  , pp.73 - 79 , 2015-07-28 , 金沢大学つるま保健学会 = Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
ISSN:1346-8502
NII書誌ID(NCID):AA11599711
内容記述
本研究は、小中学生のインターネット使用状況とそれに対する親の把握状況、親子間の使 用に対する認識の違いを調査した。対象は1 自治体の全小中学校に通う小学4 ~ 6 年生849 名、 中学1 ~ 3 年生896 名とその保護者であり、自記式質問紙調査を実施した。  その結果、インターネット使用率は小学生70.8%、中学生84.4%で、使用時間は学年が上 がるほど長くなっていた。使用機器は家族のパソコンが最も多かったが、中学生ではiPod touch、自分のパソコン、自分のスマートフォンを使う者、複数の機器を用いている者が多く、 使用目的も多様であった。また、その傾向は女子の方が強くSNS の利用も多かった。SNS 利用者の約半数は、SNS を通じて他者と個人的に関わった経験があり、不快な体験をした者 もいた。しかし、小学生と中学1 年生では、子どものオンラインゲーム使用の有無において 親と子どもの回答割合に差がみられ、親は子どものインターネットの使用目的を正確に把握 できていなかった。また、使用ルールに関しても親子間で認識の相違がみられ、その傾向は 子どもの学年が上がるほど顕著であった。  また、インターネットのフィルタリング機能の利用率は、携帯電話に比べ低かった。
本文を読む

http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/43089/1/AA11599711-39-1-73-79.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報