紀要論文 重複型テモ構文における日中対照研究: 認知言語学の視点から

張, 北林  ,  李, 光赫

8pp.33 - 45 , 2015-03-31 , 金沢大学人間社会環境研究科
ISSN:1881-686X
NII書誌ID(NCID):AA12698093
内容記述
本稿は認知言語学の立場から、日本語の重複型テモ構文について考察した。まず、重複型テモ構文をⅠ.元条件と他条件、Ⅱ.元条件と逆条件、Ⅲ.同条件のくり返し、Ⅳ.否定的継起の四分類をした。次に、対訳例調査に基づいて、Ⅰ類が中国語の“p, 也⁄都q”に、Ⅱ類が“p, 反正⁄都q”に、 Ⅲ類が“p, 也⁄还q”に、Ⅳ類が“p, 还q”にそれぞれ対応していることが明らかになった。
本文を読む

http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/42636/4/AA12698093-8-33-45.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報