テクニカルレポート 「恵農政策」下の中国共産党の農村ガバナンス : 基層党組織の実務の現状から

南, 裕子

2018-03 , Graduate School of Economics, Hitotsubashi University
内容記述
中国において、2000年代以降の農村のガバナンスにかかわる諸条件の変化は、村の党組織に求められる機能やあり方に変化をもたらした。このことは、党の執政基盤強化のチャンスをもたらしていると考えられる一方で、先行研究において示される党組織建設の問題状況は、このためのチャンスをむしろ危機に転換させるのではないかとも思わせる。そこで、本研究では、村幹部にアンケート調査を実施し、農村基層党組織の実務の実態や彼らの志向性を探ることから、この問題にアプローチした。サンプル数などデータとしては限界を抱えるものの、以下のような暫定的な結論を得た。第1に、党の農村基層組織の緩みは、執政基盤の危機をただちには意味せず、執政基盤強化のチャンスを必ずしも阻害しない。その理由は3つある。1つは、村幹部が党の方針や上級の郷鎮党組織から離反するような志向性を示していないこと。2つめは、党の執政の安定に直結し、昨今の重要課題である「維穏」(安定維持)」において、その方法は党組織の機動力が不十分な状況にも対応できる方法で行われていること。3つめは、党は村民委員会に強い影響力をもち、また実態としては一体化して村内の実務にあたることにより、村民の生産活動や生活の問題により多くのかかわりを持ち、その責任を引き受けていることである。村内組織の境界のあいまさが、党組織の系統外で幅広く村の人的リソースの利用を可能にしていると考えられる。第2に、先行研究からは、今後の農村のガバナンスにおいて、村民の内発的な力や地域に内在する共同の論理の活用の必要性が指摘されている。この点に関連して、被調査者である村幹部には、村社会と国家をつなぐ中間的存在しての役割認識は薄かった。むしろ実務をこなす官僚としての志向性の方が強くうかがわれ、内発的な村民組織のリーダーとなり得るのかについては疑問が残る。だが、村内の「民主建設」を比較的重視しており、この点に、党組織と農村「社会」との新たなつながりの形成の可能性も否定できない。この回答がどのような背景の下にあるのかについての検証が必要であり、これは今後の課題である。
This paper aims to discuss governance capacity of Chinese Communist Party (CCP) by analyzing the performance and leaders’ consciousness of CCP village branch. A series of new rural policies initiated from the beginning of 2000s has changed the conditions of rural governance and also affected the required roles of village party branches. This seems to bring a chance for CCP to enforce its governance capacity. But meanwhile not a few previous studies point out serious organizational problems of CCP village branches. If these problems prevent them from adapting new situation, this chance might rather turn into crisis that would erode the base of CCP’s governance. We need to discuss which could be more likely to happen by examining the actual conditions at the grass-roots level. In this paper we approach this problem by focusing on daily work of CCP village branch and village leaders’ recognition of their role through questionnaire survey. Though our survey has some degree of limitations in quantity of respondents, the result reveals that those organizational problems like less organized activities and difficulty of recruiting new members would not immediately lead crisis of CCP’s governance capacity. There are three reasons for this. First, village party cadres still present high conformity to policies and directions of higher party organization;second, it is possible to proceed “weiwen” (maintaining stability) task which is one of the matters of primary importance, even if the organizational power of party village branch is not strong enough;third, leaders of party village branch can manage to concern or help villagers’ everyday life and economic activities by utilizing the village human resources, especially those of Village Committee. In this way villagers’ expectations for CCP can be met to some extent. Previous studies also suggest there need to be another way to fulfill the new required roles as mentioned above, which is to evoke community’s indigenous power. In this survey we inquired of CCP village branch leaders’ recognitions of their role, and the result is that they rather seem to be bureaucrats, less embedded in village society.
本文を読む

http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/29088/1/070econDP18-02.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報